Nowhere Man(50代から投資と健康と浦和レッズと)

_/_/_/ 定年間近の "Nowhere Man" 老後の準備、お金と健康と趣味の備忘録 _/_/_/

MEMO:配当金の嬉しいお知らせ🎉 #東証債券ETF



東証債券ETF分配金

ささやかですが入金がありましたのでMEMOしておきます。
昨年11月に上場したばかりの2255(20年超為替ヘッジ無し)も配当を出してくれました。

入金日 銘柄コード 銘柄 受取金額 (税引後) 過去12ヶ月 分配金利回り
2024/02/19 1656 IS米国債7-10年ETF 3,698 2.14%
2024/02/19 2620 IS米国債1-3年ETF 22 2.25%
2024/02/19 2621 IS米国債20年ヘッジ 12,567 2.86%
2024/02/19 2255 IS米債20年超ETF 1,459 ※11月27日上場
合計 17,746

※現在1656は保有していません。2620は参考に1万円だけ保有しています。

保有債券部門 騰落率詳細


利下げが遠のき苦戦する長期債ですが、配当が出ると少しは嬉しいものです。


『株価好調な中、S&P50011セクター別のパフォーマンスが?』 50代から投資記録2024-2-17

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/moufutokojiki/20220701/20220701202748.png

株価好調ですが、S&P500、11セクター別のパフォーマンスをあらためて見ると、いびつな状況です。
水色:テック系

エミンチャンネルより引用
[米株が抱える6つのリスク - YouTube

Market Watch


金利が下がりませんわ!

3種の神器チャート


」、違う値動きの「」、逆相関期待の「長期債
の年初来チャートWATCHです。

金利高でも株式のみ好調。円安が際立ち、円建てS&P500は年初来+11.63%(内、為替分は+5.95%)です。

マイ・ポートフォリオは相変わらず長期債が足を引っ張る牛歩戦術ですwww

My Portfolio

※All Season リタイアに向けそこそこしぶといポートフォリオを指向しています。

純資産総額WATCH

※あらたに設定されたものや、運用が気になるファンドをWATCH


SBI・iシェアーズ・全世界債券インデックス・ファンド 【愛称】サクっと全世界債券が楽天でも買えるようになっていた



SBIiシェアーズ・全世界債券インデックス・ファンド (サクっと全世界債券)

以前記事にしたのですが、
moufutokojiki.hatenablog.com

いつの間にか楽天で買えるようになっていました。
SBI・iシェアーズ・全世界債券インデックス・ファンド | 投資信託 | 楽天証券
投資先が『先進国(FTSE世界BIG債券インデックス)』から、『AGG60%/IAGG40%』に変更になり、日本と新興国も投資対象です。
信託報酬最安クラス(0.1098%)の全世界債券ファンドとなります。
為替ヘッジは無しです。

総合債券ですので社債にも投資します。

純資産総額が17億と、ちょっと心もとないですが、コスト的にはeMAXIS Slimの先進国債券(0.154%)より良いのが魅力です。

IAGG

IAGGの内訳を調べてみました。
(上位20)

中国の比率が高いな、と思いましたが、IAGGの比率は全体の40%ですので、18.32%×40%=7.328%。
となるとeMAXISのほうが8%で、逆に多かった…

為替であっさりやられてしまうのが外国債券の辛いところですが、今のところ円は最弱通貨となっていますので、為替ヘッジ無しの世界債券は妙味ありと思います。

金利政策もありますが、NISAでも外国株式、スマホやサブスクなどのサービスも米国、と私たちが好んで外貨を買っているわけですので、円安基調も納得↓



『S&P500が初の5000を越える!株、金、長期債の年初来チャートをチェック』 2024-2-10投資記録

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/moufutokojiki/20220701/20220701202748.png

Market Watch

ブログタイトルはAiが考えた中からチョイスしましたよ。
S&P500、初の5000越え!
www.nikkei.com

パウエル議長、TVインタビューで慎重発言をしたそうで、利下げ期待が先延ばしとなり、またまた金利上昇。

3種の神器チャート


」、違う値動きの「」、逆相関期待の「長期債
の年初来チャートWATCHです。

株が好調な時こそ、他のアセットの存在感が増します。
・金はドル高、金利高にかかわらず堅調です。引き続き新興国中央銀行の買いが支えているようです
・長期債はわかりやすく、金利が上がって下落

マイ・ポートフォリオも同じです。

My Portfolio

※All Season リタイアに向けそこそこしぶといポートフォリオを指向しています。

アセット年初来

好調の日経平均など個別に確認してみます。

ニッセイNASDAQ100 +13.26%
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) +10.84%
eMAXIS Slim 国内株式(日経平均 +10.83%
eMAXIS Slim 全世界株式(オルカン +8.7%
eMAXIS Slim 新興国株式 +3.62%

こうなるとインドも気になります。

iFreeNEXTインド株 +5.59%


私はオルカン以外ではインドに投資していません。
もちろんこれから伸びる可能性はあるかもしれませんが、年齢を考えても、新興国の一国に過剰に資産を振り分けるのは好みません。

純資産総額WATCH

※あらたに設定されたものや、運用が気になるファンドをWATCH

金利が上がった為長期債部門はダメ
・SBI投信版AGG(サクッと)は目安の50憶突破。2/13からは「日本人大好き」分配型も運用開始。どちらが人気になるでしょうか
・一方で、東証版AGG2256は3.29億円と伸びず、なんだか残念
鳴り物入り(?)の東証版DGRO2014は順調です。私もVYMの買い増し替わりとして少しずつ購入しています
moufutokojiki.hatenablog.com


[:plai

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)が絶好調


2021年8月来、サテライトでUSA360に投資しています。

USA360とは


基本比率が株式25%:債券75%になるように、
・純資産総額の90%を等倍でVTIに
・純資産総額の10%に27倍のレバレッジをかけて270%
実質360%(×3.6倍)相当額で運用されています。

為替ヘッジは行われませんが、債券のレバレッジ部分が先物のため、為替リスクはVTIと債券の証拠金部分のみとなり、債券の大部分は為替ヘッジ有りと同様の効果となります。つまり、ここまでの円安も価格を押し下げた一因となっています。

経費率は0.63%(2023/8決算)と、高めですが、投入額の3倍投資していると思えばそれなりです。(3倍結果出してくれ…)

2021年8月来チャート

水色:USA360、赤茶:S&P500、オレンジ:オルカン、緑:NASDAQ100
※S&P500、オルカンeMAXIS Slimシリーズ、NASDAQ100はニッセイ(以降同じ)

悲惨です(;'∀')
2022年3月からインフレ対策として利上げが始まりましたが、そこは投資初心者、どういう値動きになるか予想ができず、その間もしばらく積み増し続けていました。
債券(5-10年国債)のレバレッジの逆噴射が、利上げと共に加速しています。
それでもよく見ると、2023年はVTI部分の上昇でヨコヨコで踏ん張っていますので、長期債単独よりはましです。

復活。2023年10月来

2023年11月1日のFOMC政策金利の据え置き以来、債券が復活し、株式、債券ともV字回復となり、こうなるとUSA360の独壇場となります。
NASDAQ100をも上回る急回復となりました。
水色:USA360、赤茶:S&P500、オレンジ:オルカン、緑:NASDAQ100

今後、株価の暴落があった場合、その暴落の程度と利下げの規模とスピードで
どの程度踏ん張るのか、
はたまた、一人勝ちか、
全く読めませんが、それなりに楽しみなファンドです。

(参考)コロナショック

水色:USA360、赤茶:S&P500、オレンジ:オルカン

コロナショック騰落率

2/21→3/24基準価額推移 騰落率 6/1 騰落率
USA360 11626→8910 -23.36% 11627 0.01%
S&P500 12861→8432 -34.44% 11205 -12.88%
オルカン 12241→8102 -33.81% 10471 -14.46%

コロナショックではS&P500-34.4%に対し、USA360は-23.36%と11.08%アウトパフォーム、
その後の回復はUSA360が最も早く6/1。その時S&P500はまだ-12.88%と、回復は9月以降まで待たなくてはなりませんでした。
といっても、冒頭のとおり、その後の利上げでみるみる逆転されたわけです。
株式と比較してリスクの低い債券とはいえ、27倍のレバレッジをかけている以上、扱いは難しいですね。

さて、今後はどうする?

10年金利が3%程度まで落ちてくれたら欲をかかずにその辺でレバレッジをやめて、おとなしく株と債券に分割しましょうか。
それともインフレ再燃で再び地獄を見るのか? 
まぁ、ここまで握力強くHOLDしたのですから、利下げに期待するしかないですね。

こんなデータも後押ししてくれます。
3年間連続の債券安は異例ですし、

株と債券の同時安も過去にそんなにありません。

USA360に期待して、
今後もこのブログで記録し続けます。


50代から投資記録 2024-2-3 『長期債部門、トントンまで回復!』

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/moufutokojiki/20220701/20220701202748.png

レッズレディース皇后杯決勝、結果はPK負けでしたが、気迫あふれる本当に素晴らしい試合でした。
トップチームもキャンプ情報を追う限り開幕が楽しみでしょうがないけれど、今、レディースが本当に熱いです!!!

そんな中で、光さんと助教の大怪我のニュース。

両選手とも手術を受け、下記の診断結果となります。

猶本光
診断名 左膝前十字靭帯損傷
手術日 2024年1月26日
全治 8〜10か月の見込み

安藤梢
診断名 左膝前十字靭帯損傷
手術日 2024年1月29日
全治 8〜10か月の見込み

前線に戻って絶好調だった梢さん。
光さんがいるといないとではボールの落ち着きが全然違う。パリオリンピックも、間に合うかなぁ~
とにかく、復帰を待っています!

Market Watch


順調に(?)金利が下がっていましたが、雇用強しの発表を受け週末に少し戻りました。
それでも、利上げがないことがよりはっきりした感じで、長期債復調の1週間となりました。

TLTや2255.2621がわかりやすく上昇しています。

3種の神器チャート


」、違う値動きの「」、逆相関期待の「長期債
の週チャートWATCHです。

ドル円があまり動いていませんので、円建て長期債はヘッジ有(2621)・無(2255)ともに上昇です。

ようやくマイ・ポートフォリオの長期債部門がトントンになりました。
ここからは、「実効デュレーション17年(例TLT)➡金利1%低下➡債券価格17%上昇(17倍)」の方程式どおり期待して待つのみ!

My Portfolio

※All Season リタイアに向けそこそこしぶといポートフォリオを指向しています。


NISA積立の前週比マイナスは2/1積立分が約定されたばかりのため。
新NISAが始まり特定口座からの移動も頻繁ですので騰落率の記録に意味がなくなっていますね。
全体の年初来資産増加率で把握していこうと思います。

純資産総額WATCH

AGGの投信に「配当型」が加わり(2/13より)、AGGの円建て投信・ETFが合計3本と多彩になりました。SBIは完全に日本人大好き「配当型」に舵きりですね。
私は配当をもらうなら、たこ足の心配がないETFのほうが好み。株式にリバランスする際も瞬時に売却できてすごく便利です。
逆に今お金が必要ないなら、投信で内部配当再投資を選択したほうが税繰り延べで複利を最大限活かすことができ有利です。
そんなわけで、投信の配当型は私にとって中途半端。
とはいえ、SBIシリーズは朝倉氏ですので「タコ足うんぬん」は釈迦に説法。しっかり健全な運用利益から配当を出してくるでしょう。様子見ですね。
※あらたに設定されたものや、運用が気になるファンドをWATCH

moufutokojiki.hatenablog.com


50代から投資記録2024-1-27

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/moufutokojiki/20220701/20220701202748.png

今日は皇后杯決勝! 勝ちましょう!


準決勝はすごい展開でした。
猶本のリフティングで相手をかわしていい位置にボールを置いてのスーパーゴール、
延長で失点も、推しの遠藤スーパーフィードから清家が同点弾、
PK戦はGK池田ショー!(セーブだけでなく、キッカーとして助走なし相手キーパー反応できずの貫禄PKを決める)

決勝は、猶本、安藤助教の怪我が心配な中、ゆずさんにますます期待です。

Market Watch


金利も横ばい。ずっと円安。利下げはまだまだ先か…

3種の神器チャート


」、違う値動きの「」、逆相関期待の「長期債
の週チャートWATCHです。

こういう状況が続くと、マイ・ポートフォリオは退屈です。

My Portfolio

※All Season リタイアに向けそこそこしぶといポートフォリオを指向しています。

年初1発目のNISA積立枠のオルカンがすでに+4.5%の評価損益になっています。
岸田首相も一安心といったところですが、
ひとたびマイナスになったら「国が推してるじゃないですか。何か裏があるんじゃないかと思って…」みたいなのがどうせ増えるのでしょう。

USA360がやっとまともな投信になってくれました…
この投信を100万円持っていれば、
・VTI:90万円
・米国5-10年債:270万円
ですので、債券部門盤石なはず…とHold on。
債券部門が先物なので為替の影響も限定的(ヘッジ有り債券と同様の値動き)ですが、今はVTIが牽引中と思われます。

債券部門詳細


純資産総額WATCH

※あらたに設定されたものや、運用が気になるファンドをWATCH

・新設の2013(東証HDV)、2014(同DGRO)ですが、2014のほうが立ち上がり人気です。やはりDGROがSBIや楽天で買えないのが要因でしょうか。私も買いました。
moufutokojiki.hatenablog.com
・SBI米国総合債券(サクッとシリーズAGG、信託報酬0.0938%)一つの目安『50億円』が見えてきました。信託報酬も安く、先進国債券に代わる安定債券のポジションとして有用です。東証版2256(信託報酬0.088%)なら配当も吐き出しますので大規模ファンドに成長して欲しいです。リタイア後に投資信託で持っている債券をこちらに買いなおして配当を受け取るというのも簡単でいいですね。